東芝

最新の家電がずらり! アジア最大の家電市を振り返り【CEATEC JAPAN 2012】

REGZA_CEATEC
2日より6日土曜日まで千葉市の幕張メッセで開催していた、アジア最大級の家電・IT見本市「CEATEC JAPAN 2012(シーテック ジャパン2012)」。多くの企業が出展していた。その中でも家電チャンネルがピックアップしたブースやアイテムを振り返ってみよう。
続きを読む

実はこんな問題がある外付けUSBハードディスク録画対応テレビ【デジ通】

東芝のREGZAの一部機種など、最近のテレビでは普通のパソコン用市販USB外付けハードディスクに録画できるものが増加している。普通のハードディスクを使用できるということで、一見、便利そうだが、実は長期的に見ると問題になることがある。今回は、そんな外付けUSBハードディスク録画対応テレビに興味のある人に、購入する前にぜひ知っておいてもらいたい問題について紹介する。


続きを読む

レグザ「19P2」のピークシフト機能と今後のテレビ

19P2_furi_0609_2408


福島原発事故の影響で原発を停止しているため、今年の夏は電力不足になる可能性があるとして、政府や東京電力から幅広い節電が呼びかけられている。電力不足が明確に問題となるのが電力消費の大きくなる時間帯であるピークタイム。このピークタイムの消費電力を下げるテレビとして東芝からレグザ「19P2」が7月上旬に発売される。ここではその搭載するピークシフト機能と、今後のテレビに与える可能性について考えてみたい。


続きを読む

驚異的に売り上げを伸ばす扇風機、掃除の手軽さも魅力で東芝が3連覇【売れ筋チェック】

東芝 F-LN5


浜岡原発の全面停止が決定したことで、改めて夏の電力不足への不安が現実に値が付いてきた。テレビやネットのニュースでは連日暑さ対策のアイデアが紹介されているが、エアコンと扇風機の併用対策はすっかり定番となった。その人気の扇風機だが、家電量販店最大手の「ヤマダ電機」では売り上げが前年比460%と驚異的な伸びを見せているという。


GfK Japanによる全国有力家電量販店におけるPOSデータ集計の数量順ランキングで、今週(2011年4月25日から2011年5月1日)注目の集まる扇風機部門では、東芝のF-LN5が3連覇。実売価格は6480円、最安値は5570円といずれも先週と変わらず。
続きを読む

REGZA独走か?インターネット動画のテレビ視聴でも一歩リードの 32V液晶REGZA【売れ筋チェック】

東芝レグザ


現在の液晶テレビが、これまでのアナログテレビと大きく違うのは、簡単にパソコンやゲーム機などのモニターにも利用できるところだ。

特に、コンピューターやゲーム機のモニター利用の面も検討した際、ユーザーの評判がよい液晶テレビといえばレグザの32A1Sだ。

GfK Japanによる全国有力家電量販店のPOSデータ集計による数量順ランキングによると、現在(2011年4月25日から2011年5月1日)、No.1 の座に輝いたのは先週に引き続き東芝のレグザの32A1S。実売価格は3万7800円、最安値では3万4125円。最安値はさらに73円下がった。

続きを読む

東芝が3週間ぶり巻き返し首位に。【売れ筋チェック】

Regza BD


ブルーレイディスクプレーヤーは再生専用なので、レコーダーの半額以下で手に入る。機種によって価格は様々だが、1番人気があるのは1万円から2万円の製品だ。この価格帯で強いメーカーはソニーと東芝だろう。

GfK Japanによる全国有力家電量販店のPOSデータ集計における数量順ランキングでは、現在(2011年4月25日から2011年5月1日)ブルーレイディスクプレーヤーで東芝レグザのSD-BD2が3週間ぶりに巻き返して首位になった。

実売価格は1万6000円と3週間前と変わらず。最安値では1万4000円と若干上がった。しかし、先週トップのソニーBDP-S370に比べると1400円程お買い得だ。

続きを読む

家電チャンネルやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
QRコード
QRコード
ネコでもできる料理術
cooking
音楽プレイヤー特集
iPodtouch_kaden

ウォークマン_kaden
女性が選ぶミラーレス特集
ミラーレス_kaden
★デジカメ特集★
カメラ生活
★ヘルス&エコ★
エステの裏側
スタッフ紹介
 acenturyc
西岡舞子
副編集長
オーストラリアでジャーナリズムを勉強した文系なんでも屋さん。中村編集長に見出され家電ちゃん戦隊家電ちゃんピンクとして生きていくことを決意。世界に散らばる仲間を探している。
Twitterアカウント:@mychan7
http://mypen7.tokyo/portal/


>>お問い合わせはこちらへ


  • ライブドアブログ