生活家電

赤ちゃんの様子をモニター機で見守りできる! 育児をサポートしてくれるパナソニックのベビーモニター

ベビーモニター

「ワンオペ育児」という言葉が問題になっていますが、赤ちゃんを育てるには家族や周囲のサポートが必要です。また、育児中はパパママがリラックスできる時間がないという話もよく聞かれます。そこで、注目したいのがPanasonicが5月23日に発売した「ベビーモニター KX-HC7015」。

IMG-5436

この新型ベビーモニターは、カメラに映る赤ちゃんの様子を手軽に手元に置けるモニターで確認することができるもの。モニター機とカメラは、デジタルコードレス電話機などの標準規格であるDECT準拠方式で接続。これで無線LANなどの他機器との電波干渉による通信障害が少なく、安定した通信が可能になったということです。カメラとモニター機間の接続設定が不要で、それぞれの電源を入れるだけですぐに使用開始できるのもうれしいですね。


IMG-5433


IMG-5434

部屋が暗くなると自動的に赤外線LEDを点灯させるナイトモードが搭載されているので、暗いお部屋にいるお休み中の赤ちゃんも見守ることができます。

さらにうれしいのが、赤ちゃんが泣いたときに自動で流れる「おやすみ音」。胎内音、心音、ホワイトノイズ、波の音、雨音といった5種類のおやすみ音と子守歌が搭載されていて、モニター機から手動で再生・停止できるほか、設定により音声を検知したときに自動再生することもできます。たとえば寝室で眠っていた赤ちゃんが起きて泣きだした時に、自動でおやすみ音をカメラから流すことができるというわけです。

そのほか、カメラには音、動作、温度の3種類のセンサーが搭載されていて、センサーが反応すると、モニター機のLEDの点灯やお知らせ音が鳴るので、常にモニター機を見ていなくても寝室などにいる赤ちゃんの様子の変化に気付くことができるのもポイントのひとつ。たとえばリビングやキッチンで家事をしながらでも寝室などで眠っている赤ちゃんの様子に変化があるとすぐにモニター機で確認することができます。またカメラを置いている部屋の室温が、設定した温度範囲を超えた場合も同様にお知らせしてくれるのでお部屋の室温を調整する目安になるというわけです。

赤ちゃんが生まれた家庭へギフトとして送るにもぴったりな「ベビーモニター KX-HC7015」。ずっと赤ちゃんに付きっ切りというわけにもいかないというシーンや、育児の合間のリラックスタイムのサポートにもおすすめの便利なアイテムだといえそうです。

忙しい毎日に嬉しい「マスト家電」! 進化するパナソニックの衣料スチーマーをチェック

BF299F4D-0D62-453B-89F7-370683E552F8

春になり、環境が変わったという人も多いかもしれませんが、そろそろ新しい環境にも慣れたでしょうか。忙しくなったという人は自宅での家事の時間もできるだけコンパクトにしたいですよね。そこで、注目したいのが変わるライフスタイルに合わせて便利に使える家電ですよね。 パナソニックでは2013年から家庭で使える衣料スチーマーを販売しており、気軽に取り入れると人気を集めています。続きを読む

家事を楽しく! パナソニックが提案する「家事がはかどる音楽」とは? 

家事がはかどる音楽

今までも近年共働き世帯が増加するなか、家事の負担を軽減し、時間・ゆとりを創出できる製品を提案してきたパナソニック。そんなパナソニックが若者に人気のニュー・エキサイト・オンナバンド「CHAI」とコラボレーションするということで早速発表会をチェックしてみましょう。

続きを読む

ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化! ネスレとアクアクララが新サービスを展開中

ネスレとアクアクララが業務提携

いつでも水やお湯を利用できるウォーターサーバーと気軽にコーヒーを楽しめるコーヒーマシン。ネスレ日本株式会社とアクアクララ株式会社が発表したのは家庭やオフィスで人気のネスレのコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」および「ネスカフェ ドルチェ ゲスト」とアクアクララの最新機種のウォーターサーバー「AQUA WITH」がひとつになった一体型マシンです。

続きを読む

座ったままでも快適に調理可能! LIXILが車いす対応キッチン「ウエルライフ」をアジア最大規模の国際福祉機器展に出展

01

株式会社LIXIL(リクシル)は、2018年10月10~12日に東京ビッグサイトで開催された「第45回 国際福祉機器展(H.C.R.2018)」に出展。10月1日に発売された車いす対応キッチン「ウエルライフ」をメインに、障がい者や高齢者に向けた住まいと暮らしの提案を行った。

続きを読む

銘柄米の個性を楽しむ! お米のおいしさやこだわりを見つけられるOKOME STORY MUSEUM

OKOME STORY MUSEUM

パナソニックが期間限定で開催しているのが自分好みのお米を見つけられる「OKOME STORY MUSEUM」。このMUSEUMでは、日本各地の銘柄米の個性や、お米にまつわるナレッジなどを紹介する展示のほか、パナソニックの炊飯器「Wおどり炊き」を推奨している、北海道産「ゆめぴりか」、岩手県産「金色の風」、宮城県産「だて正夢」、秋田県産「あきたこまち」、新潟県産「新之助」、福井県産「いちほまれ」の新米を最新機種の専用コースで炊飯した炊き立てごはんの食べ比べが可能だ。

内覧会には元神奈川新聞記者でお米の魅力や可能性を常に追究し続けるフリーライターの柏木智帆さんが登場し、お米を主役に食事を楽しんでもらいたいとアピールした。

続きを読む

家電チャンネルやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
QRコード
QRコード
ネコでもできる料理術
cooking
音楽プレイヤー特集
iPodtouch_kaden

ウォークマン_kaden
女性が選ぶミラーレス特集
ミラーレス_kaden
★デジカメ特集★
カメラ生活
★ヘルス&エコ★
エステの裏側
スタッフ紹介
 acenturyc
西岡舞子
副編集長
オーストラリアでジャーナリズムを勉強した文系なんでも屋さん。中村編集長に見出され家電ちゃん戦隊家電ちゃんピンクとして生きていくことを決意。世界に散らばる仲間を探している。
Twitterアカウント:@mychan7
http://mypen7.tokyo/portal/


>>お問い合わせはこちらへ


  • ライブドアブログ