IMG_0018

9月25日(水)に東京ビックサイトで開催された「46th国際福祉機器展示会 2019」。株式会社LIXILは、高齢化社会における取り組みとして、現在研究開発中だという高齢者施設の排便管理をAI技術でサポートする新コンセプト「トイレからのお便り」(以下「トイレからのお便り」)を発表しました。


高齢者施設では、入居者の健康管理の一環として、日々の排便状況を施設のスタッフが手書きで記録しているそう。しかし、痴呆(認知症)の入居者の場合、排便したことを忘れてしまうことがあるほか、スタッフ側でも入居者の尊厳に配慮をしたい、排便状況を正しく管理・把握したいという課題があるのが現状だということです。

IMG_0020


今回発表された「トイレからのお便り」は、入居者さまの排便のタイミング、便の形、便の大きさを、AI技術を活用し自動で判定・記録をすることができ、排便状況をステーションで一括管理することができるという商品です。

IMG_0021

「「トイレからのお便り」を開発するにあたっての一番の課題は、お通じの画像の収集でした。」と話してくれたLIXILの白井康裕さん。一般の画像収集とは異なり通常では手に入りにくいため、社員の自主的な協力を得て、なんと約3,000もの画像を収集することができたとのこと! 現在は収集した便の画像を「形」と」「大きさ」で自動判定できるように取り組んでおり、「形」については、国際指標(Bristol Stool Form Scale)の7分類を活用できるように専門家と連携して進めているそうです。


IMG_0019



IMG_0022

「トイレからのお便り」のカメラは便座の裏に設置。便だけがしっかり撮影され、なんと1秒かからない速さで便の形状や大きさの判定結果が出るんだそう!

 

「トイレからのお便り」は、 2020年春ごろから高齢者施設で実証実験を予定しているそうで同商品が近い将来商品化すれば、高齢者施設の入居者さんも、より安心で健康な住生活を送ることができそうですね。