BF299F4D-0D62-453B-89F7-370683E552F8

春になり、環境が変わったという人も多いかもしれませんが、そろそろ新しい環境にも慣れたでしょうか。忙しくなったという人は自宅での家事の時間もできるだけコンパクトにしたいですよね。そこで、注目したいのが変わるライフスタイルに合わせて便利に使える家電ですよね。 パナソニックでは2013年から家庭で使える衣料スチーマーを販売しており、気軽に取り入れると人気を集めています。
A269539A-8903-404A-979D-E334CBF1CF9B

アイロン台が必要なく、朝の忙しい時間にも手軽に使うことができるパナソニックの衣料スチーマー。最新の「NI-FS750」ではより使いやすくパワーアップしたということで、その魅力をチェックしてみました。

■立ち上がり時間は約24秒! 思い立ったときに使えるのが嬉しい A41231FF-85ED-43DE-8147-845DB6C6A0BD
まず注目したいのはその立ち上がり時間。なんと約24秒ということで、使いたいときにさっと使えるのが印象的です。さらに、コンパクトな見た目ながらも新作の「NI-FS750」ではタンクの容量が従来の2倍である約100mLになっており、約8分間連続でスチームを使用することができます。一度にアイロンをかけられる衣服の量が増えました。

■生乾きのニオイも解消! これからの季節に嬉しい脱臭機能
「NI-FS750」は、これまでの「タバコ臭」「飲食臭」「汗臭」「防虫剤臭」「加齢臭」に加え、新たに「生乾き臭」と「ペット臭」にも効果があるということです。梅雨がはじまり、室内で洗濯物を干すことが増えたこの季節に最適な機能ですね。

61BE715F-D8DD-4891-A0E1-AA2C7DA86B19
実際に使ってみると、コンパクトで本体質量も740gと片手でも使いやすいサイズだということがわかります。腕も疲れにくいので、朝の身支度のルーティーンに取り入れることもできそうです。また、帰宅後にジャケットなど洗濯しにくいアイテムにスチームをかけてニオイのケアをするのもぴったり。いろいろなシーンに気軽に使用することができるので忙しい日々のマスト家電になりそうです。