The Public stand 阪急東通り店

株式会社セクションエイトが、関東で9店舗を展開しているスタンディングバー「The Public stand」。 関西第一号店にあたる「阪急東通り店」が2018年7月6日にオープンしたということで、さっそくその店舗をチェックしました。

IMG-7403

場所はJR大阪駅や各線梅田駅から徒歩6分程度。阪急東通り商店街の中に位置しています。大きな看板が目立っていたので迷わずに行くことができました。入り口でまずは支払いです。ブラックライトに反応するスタンプを手の甲に押してもらいました。実はこのスタンプが大切なんです。

■時間無制限・出入り自由で100種類を飲み放題!
IMG-7405

入り口のすぐそばにあるカウンターでドリンクをオーダー。その際に手の甲に押してもらったスタンプを見せる必要があります。これで時間無制限、出入り自由で100種類ものドリンクを飲み放題で楽しむことができます。定番のドリンクはもちろんですが、注目したいのがカクテルの種類の多さ! 好きなドリンクをオーダーするほか、気分に合わせてバーテンダーさんに相談するのもおすすめです。

IMG-7402

「爽やかで飲みやすいものを」とお願いして作ってもらったのがこちら。ココナッツの風味が夏らしい「マリブサーフ」がブラックライトに反応してなんともキレイ!


■充実したVIPエリアにも注目!
IMG-7404

基本的にはスタンディングのバースタイルですが、店内にはいくつかVIPエリアが存在しています。ここは基本の金額にエリアに応じたチャージが時間単位でつくというシステムで、ゆっくり話をしたいという時に気軽に利用することもできそうです。

IMG-7401

また、カラオケやゲームを楽しむことができる本格的なVIPルームも。こちらは二次会などにも良さそう。

店内ではお酒を楽しむことがメインなので、待ち合わせに利用して、他店で食事を楽しんでからまた戻ってくることができるのが出入り自由のメリット。一人でふらりと飲みに来ている人や女性グループで利用している人も多く、待ち合わせや飲み直しのほかにも、終電を逃した時などいろいろな使い方ができるようです。実は一度料金を支払えば、パブリックスタンドの他店に入店することも可能なので、関東に店舗では恵比寿店で待ち合わせをした後に食事に行き、渋谷店で飲み直す・・・・・・という楽しみ方をしている人もいるということです。関西でも店舗が増えていけば同じように利用することができそうです。

お店が開いている限りは基本的に追加料金なしで飲み放題を楽しむことができる、新しいスタイルのパブリックスタンド。今後関西でも店舗が増えていくのか注目ですね。


基本料金
男性 3,000円
女性 1,000円
メニュー

The Public stand

西岡舞子(Maiko Nishioka)431370_175839735864754_142095489_n