青鬼

劇場上映アニメーション「青鬼 THE ANIMATION」の舞台挨拶が、2月11日、TOHOシネマズ新宿にて行われた。出演キャストから逢坂良太、水島大宙、森嶋秀太、日笠陽子ら4名と、濱村敏郎監督が登壇し繰り広げられたトークの様子を紹介しよう。

aooni_talk

今回は、上映後に行われた舞台挨拶ということで、司会者が「青鬼を見て怖いと思った人」と質問をすると多くの来場者が挙手。このスクリーンから「新たな『青鬼』の惨劇」は始まったようだ。

公開初日を迎えた気持ちを聞かれ、「無事にここまで漕ぎつけてよかったと思ってます」と話す濱村監督。

全く新しい『青鬼』を作るということで、今までのアニメーションとは違ったものを作りたいという観点から、フル3Dを取り入れて制作された本作だが、3Dならではの演出を入れ込んだり、ホラー要素を維持しながらも、全年齢作品にするという部分では苦労があったという裏話も語られた。

キャラクターを演じる上で意識した点という質問では、「青鬼」には上映版からの参加となった日笠さんから、監督や音響監督と相談しながら、(演じる美冬先生は)やさしい養護教諭ではあるものの、「大人っぽく」「やさしすぎず」という点を意識しながら演じたというエピソードが披露された。

また「青鬼 THE ANIMATION」の全体を通して印象に残っている点を聞かれると、水島さんからは「ホラーを録るときって現場って楽しい雰囲気になるんです」と、収録現場の雰囲気を感じることができるコメントが登場。

森嶋さんからは、演じる小中と"ビビり"なところが似ていて、本人がキャラクターと上手くハマっていたというもこぼれ話も披露された。

aooni_jyanken

その後、豪華サイン入り賞品が貰えるじゃんけん大会やTVアニメ「あおおに〜じ・あにめぇしょん〜」のDVD情報、上映版の半券キャンペーンなどの告知があり、来場者を盛り上げる。

最後には登壇者からファンへのメッセージが送られた。

「『青鬼』は、原作ファンの方も凄く多い作品となっていますので、原作ファンの方にも納得して頂けるものになっていると思います。改めて見ると、新たな発見ができるシーンもたくさんありますので、ぜひ何度でも見返して頂けたらなと思います。これからも青鬼の応援よろしくお願い致します」と日笠さんは話す。

森嶋さんが「僕自身『RPGツクール』が大好きなので、『青鬼』が『RPGツクール』で作られたと聞いたときは衝撃を受けました。それが、皆様の前で上映版としてお届けできて、その中での役をやらせて頂けるとのことが本当に光栄で嬉しく思っております。皆様が何度も見ていただければ、きっとまた青鬼をやることもできるんじゃないかなと思っております。本日はありがとうございました」と話すと、水島さんも「『青鬼』って面白くも怖くも描ける作品なんだろうなって思います。面白かわいく見える『青鬼』の凶悪な一面というか。普通にご飯を食べるように人間を食べるので、そこがとてもシュールで。こういう『青鬼』を、皆さんに広めて頂いて、また劇場に誰かを連れてきて頂いたりできたらと思いますので、これからもよろしくお願いします」と今後に期待を寄せた。

ホラー作品に出演するのは初めてだったという逢坂さんは「悩んだりはしたんですけれども、自分自身だったらどういう反応をするかを考えながら演じてたので、リアルな芝居になったかなと思っております」と自信を見せたほか「上映版とは違って、TVアニメではギャグ作品だったりするので、上映版を見た後はDVDでそちらを見て頂いて。そしてもう一度怖いのが見たいなって思ったら、上映版も見て頂いたりとか、ぜひ皆さんに色々な青鬼を楽しんで頂ければ嬉しいなと思っております」とオススメの楽しみ方について語っていた。ちなみにTVアニメ作品について、逢坂さんのオススメは最終話だということだ。

最後に濱村監督が「劇場の方は60分の中にかなりのものを詰め込んでいるので、また2回、3回とみていただければまた違った見方ができて色々見えてくると思うので、そういう楽しみ方もして頂ければなと思います」と話し、公開記念舞台挨拶は幕を閉じた。

TVアニメとは全く異なる展開をする「青鬼」をぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

■関連記事
ホラーだけどギャグ? 今後の展開も楽しみな『あおおに ~じ・あにめぇしょん~』『青鬼THE ANIMATION』製作発表会レポート