お年玉

お正月になると、自分の子どもへはもちろん、親戚と会う機会も増えるので、それにしたがいお年玉をあげる場面も出てきます。そこで気になるのが「みんなはいくらくらいお年玉をあげているの?」ということではないでしょうか?

気になるけれどなかなか聞けない、お年玉の相場を、「レッツエンジョイ東京」がユーザー1,228人に調査していたのでチェックしてみましょう。

■幼稚園以下は500円~1000円が相場
まだお金を持つということをあまり認識していない幼稚園以下の子どもたち。一番多かったのが「500円~1000円未満」の29.1%でした。次いで「1000円~2000円未満」が19.1%。「500円未満」という答えは12.1%で半数以上が2000円未満だと考えているようです。

「あげない」という声も20.3%もあったので、あまり高額なお年玉はあげないほうがよさそうですね。


■小学校低学年には3000円未満が相場
小学校低学年になるといくらくらいなのでしょうか? 一番多かったのが「1000円~2000円未満」の28.2%。続いて「2000円~3000円未満」が21.7%、「500円~1000円未満」が14.4%でした。

半数以上が500円から3000円未満のお年玉をあげているとうことになります。


■小学校高学年の相場は2000円~3000円未満
高学年になると普段からお小遣いをもらっている子も増えてきているかもしれません。気になるお年玉の相場ですが「2000円~3000円未満」が24.6%でトップでした。続いて「4000円~5000円未満」が18.3%、「3000円~4000円未満」が13.9%でした。

だいぶ値段が上がってきましたね。小学校高学年にもなると、ゲームやおもちゃなど欲しいものを自分でお金を貯めて買うという場合もあるので、お年玉は子どもたちにとってより重要だといえそう。


ほかにも親戚同士でお年玉のやり取りをする場合は、子どもの数に応じて値段を大人が決めてしまうというケースもあると思いますがお金にまつわることなので、相場は知っておいてソンはないでしょう。


記事提供:CoLaBo(コラボ)