AQUOSクアトロン プロ

シャープは、色の表現力を高める「4原色技術」を採用したフルHDパネルに、4K相当の高精細表示を実現する「超解像 分割駆動エンジン」を搭載した“AQUOSクアトロン プロ”XLシリーズ5機種を発売する。

外光の映り込みを抑え、艶やかで深い黒が再現できる「モスアイ(R)パネル」との相乗効果により、鮮明で臨場感豊かな映像体験を提供していくということだ。

 「赤」・「緑」・「青」色のサブピクセルで構成される画素は、比視感度が高い「緑」色が輝度ピークとなるが、「4原色技術」では、「赤」・「緑」・「青」・「黄」色のサブピクセルの中で比視感度の高い「緑」色と「黄」色が1画素内で2つの輝度ピークとなる。

「超解像 分割駆動エンジン」を新たに搭載した本機では、4原色技術の画素配置内で輝度ピークを含む「赤」・「緑」・「青」色や「青」・「黄」・「赤」色の組み合わせをそれぞれ独立して駆動させることにより、横方向の解像度を倍にすることが可能に。また縦方向は、各色のサブピクセルを上下2つに分けて輝度レベルを制御する駆動方式を採用することで、1画素内に2つの輝度ピークを作り解像度を倍にします。これにより、フルHDパネルに4K相当の高精細表示を実現しているという。

本機は、ハイビジョン映像入力時に4Kアップコンバート回路で輝度と色情報を高め、その情報を元に解像度を再構成してより細かく滑らかな表示を実現します。4K映像入力時は、水平1,920×垂直1,080画素に間引いて液晶駆動させるのではなく、4K信号の輝度と色情報で解像度の再構成を行うことで高精細な表示を実現。

シャープは、2010年に「4原色技術」を開発し、鮮明で高精細な映像を再現することに成功。フルHDパネルでありながら解像度を高める技術を開発し、フルハイビジョンを新次元へと進化させ、さらなる高画質で映像リアリティを提案していくということだ。

ホームページ