D5300

株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、ニコンDX フォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5300」を発売する。

「D5300」は、有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレスのニコンDXフォーマットCMOSセンサーと高性能の新画像処理エンジン「EXPEED 4」を採用したエントリーモデル。

ニコンのデジタル一眼レフカメラとしては初めて、Wi-Fi(R)と位置情報機能(GPS)を内蔵しており、描写性能に優れたNIKKORレンズと「D5300」で撮影した高画質な画像をスマートデバイスを介して簡単に共有したり、旅行やアウトドアなどの思い出や軌跡を撮影場所とともに振り返ることができる。

さらに、「D5300」は炭素繊維を用いた新素材を採用。さらに、カバー構成を箱型の一体的な構造体とするモノコック構造を実現し、小型軽量と十分な強度を両立。そのほか、自由自在なアングルで撮影できる約104万ドットの広視野角ワイド3.2型バリアングル液晶モニター、より滑らかな動画撮影が可能な1920×1080:60p対応のフルHD動画撮影機能「Dムービー」、撮影時にカメラ本体でさまざまな演出効果を選択、リアルタイムで設定できる「スペシャルエフェクトモード」(全9種類)を搭載し、ユーザーの撮影を強力にサポートする。


商品名:ニコンデジタル一眼レフカメラ「D5300」
発売時期:2013年11月中旬予定
予定生産台数:当初月産約10万台
カラー:ブラック、レッド、グレー(※ボディー単体はブラックのみ)

ホームページ