“AQUOS”UD1シリーズ

シャープは、フルHDの4倍の解像度を持ち、外光の映り込みを抑えて鮮明な映像が再現できる「4Kモスアイ(R)パネル」と、新画像処理回路「AQUOS 4K-Master Engine PRO」を搭載した液晶テレビ「AQUOS」UD1シリーズ2機種を発表した。

2月に発売したプレミアムモデル「ICC PURIOS」に続き、人気の「AQUOS」ブランドの4K対応モデルを提案。高精細で臨場感あふれる映像体験を提供したいということだ。

「4Kモスアイ(R)パネル」は、フルHDの4倍の約829万画素で緻密な映像を表示するとともに、明るさのムラを抑えた高い輝度均一性を実現し、入力信号に忠実な階調表現で映像を表示。さらに、外光や照明の映り込みを抑えることで艶やかで深い黒を再現し、鮮明で細部まで見やすい映像を映し出すことができる。

画像処理回路は、フルHDの入力映像を4K解像度にアップコンバートする「AQUOS 4K-Master Engine PRO」を新たに開発している。地上デジタル放送やブルーレイディスクの映像を、4K解像度の臨場感あふれる高精細な映像で再現。

さらに音質面では、「2.1chフロントサウンド音声システム」を搭載している。スピーカー前面に金属製パンチングネットを採用することで音抜けの良い音声を再現するとともに、低振動ウーハー「DuoBass」で低音をより力強く再生し、高精細映像にふさわしい高音質を実現した。

本格的なホームシアター用途のプレミアムモデルである「ICC PURIOS」に加え、幅広いユーザーを対象にした「AQUOS」ブランドの4K対応モデルを投入することで、今後拡大する高精細テレビ市場をリードしていきたいとの考えだ。