TwitterやFacebook、Mixiなど多くのソーシャルメディアを使って人とのコミュニケーションを楽しんでいる人は多い。ところが、最近いろいろな「痛い人」が登場しているようだ。自分が痛いと思われてないかを見直す意味でも1つ1つ紹介していこう。

■自分が幸せって無理やりアピール
「私ってホントに恵まれてるなぁ~」「今日はすっごく素敵な人に会えちゃいました!」と、無理やりな感じもするキラキラ書き込み。まわりから「うらやましい!」「いいね!」って言ってもらいたいという思いが強すぎて引いてしまう人も多い。こういう人は自分が幸せだと無理やり思い込みたいだけなので疲れるが放っておくのが一番かもしれない。

■自分が発症していたら?
「私のまわりのみんなに感謝!」と書いた経験がある人は要注意。発症している可能性もあるだろう。うざい人と思われないためにも書き込みに謙虚さを含ませるようにする必要がある。

自分のことをアピールするだけでも、一歩間違えると「痛い」と思われてしまう「SNS」。いままでもいくつか痛い人を紹介してきたが、次回は誰もを嫌な気分にさせる「心配されたがりやのネガティブさん」を紹介しよう。


■関連記事
ホントに思ってる? なんにでも「いいね!」を押す無思考型人間ってなんだ
なんでも見下し、文句ばかり! なんちゃってインテリに要注意
必要以上にはしゃぎすぎ! リア充を演出する人が増加中