iPad

先日、国連最大級の国際会議「地球サミット RIO+20」が開催されたことが日本でも報道されているが、世界の中で見てもブラジルの成長が注目されている。

現地で話を聞いてみると、省エネ家電などへの関心も高く、パナソニックは富裕層向けに商品を展開もしているということだ。

まだiPhoneやiPadは人気が高いものの、値段が世界と比べて高すぎると買えない人が多いそうだ。なぜ高いのだろう?

■ブラジル政府の考え方
ブラジル政府は国内の産業を守るために、関税を高く設定しているということだ。そこで、企業はブラジル国内でビジネスをするというわけだ。キャノンはコンパクトデジタルカメラの 生産子会社を設立している。またパナソニックもこの秋に進出予定だという。

これから、ますます盛り上がるであろうブラジル。目が離せない。


■関連記事
エコ家電は地球の裏でも興味津々! ブラジルで開催の地球サミットにて出展中のパナソニックを直撃!