居眠り感知器

最近、車の事故のニュースが多くテレビで取り上げられていた。子どもなど歩行者が巻き込まれることも多く、身近に起きる可能性もあるだけに関心が高い人は多いのではないだろうか。

そんな中、気になるアイテムがよく売れているという。耳に掛けるタイプの居眠り感知器「NAP VIEEB PLUS II」だ。

これは耳に掛けるタイプで、居眠りなどで頭が前傾するとブザーや振動でドライバーを起こすという仕組みになっている。

今までも海外からは注目されており、18カ国で30万個という販売実績を持つ。最近は交通事故に関する報道もあってか日本国内からの問い合わせが殺到しているということだ。5月は通常の20倍にあたる1万個の注文があったという。

観光バス会社や運送会社のほか個人からの問い合わせも多く、予約も3か月待ちということだが、運転することが多い人はチェックしてみてはどうだろう。

NAP VIEEB PLUS II