Wooo H09 K09

ロンドン五輪が開催される今年。五輪イヤーはテレビの売り上げがアップするのが定説だ。
昨年の地デジ買い替え特需終了後、販売不振が続いているテレビ市場。今年は例年通り売り上げ向上となるだろうか。
日立コンシューマエレクトロニクスは、録画機能と省エネ性能を強化した地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ「Wooo」の新モデル「HP09シリーズ」「K09シリーズ」計6機種を、1月下旬から2月下旬に順次発売する。

■ きめ細やかな超高画質のスタンダードモデルK09シリーズ
K09シリーズは入力される映像の解像度を分析して、最適な高解像度化を行い、きめ細やかでクリアな映像表現を実現。内蔵の「インテリジェント・センサー」が、部屋の明るさや照明の種類などの視聴環境をはじめ、映像の明るさや番組ジャンルまで検知して、最適な画質に自動で調整する。より見やすい映像になって消費電力の低減にも貢献する一石二鳥の機能だ。

■長時間録画対応、便利なカセットHDD搭載のHP09シリーズ
H09シリーズはテレビ本体で番組録画が楽しめる320GBのHDDを内蔵。ハイビジョン放送の録画モードも、2倍/4倍/8倍から選べ、最大約256時間の長時間録画が可能。また、録画番組を手軽に持ち出して見られる別売のカセットHDD「iVDR-S」対応のiVポケットを搭載しているので、録画容量の心配なし。

■スペック
型式:L26-HP09・L22-HP09・L32-K09・L26-K09・L22-K09・L19-K09
画面サイズ:26V型・22V型・32V型・22V型・19V型
表示画素数(水平×垂直):1,366×768

日立Wooo World

■関連記事
テレビ離れを阻止せよ!日立から偏向方式3D対応、高画質・省エネ性アップの「Wooo」新機種発売

 
(牧田 亜紀子)