あっという間に寒くなり、ひと肌恋しい季節がやってきた。冬のイベントに向け、恋人を作りたいと思っている人も多いのではないだろうか? 女性にアプローチをする前にとにかくチェックしたいのが身だしなみだ。

気を付けるポイントはただひとつ「清潔」かどうか。清潔さの判断基準となるのは、なんといっても「毛」だ。第一印象でチェックされる3か所について順番に見ていこう。
■男らしいオシャレに女子の心拍数急上昇!
ER223P-S_322815


まず1番最初にお手入れするのは「髭」だろう。最近ではスポーツ選手や俳優も髭を生やした人が多く登場し、髭は男性のみができるおしゃれだという認識が高くなってきた。だが、もちろん生やしっぱなしで手入れをしていない髭は絶対NG。
女性から人気なのがジョニーデップやオダギリジョーなどがしていたことで有名な、短めに整えられたマスタッシュと口髭だろう。ただ、整えていないと不潔に見えるため、細かなお手入れが必要だ。最近ではミリ単位で調節できるトリマーも多く出ているため毎日外出する前に整える癖をつけよう。
反対に絶対してはいけないのが、もみあげとつながった髭だ。もみあげを伸ばすヘアスタイルの人はつながりやすいため気を付けよう。

ヒゲトリマー ER223P(パナソニック)


■してないとヤバい!? 眉の手入れはいまや常識
MF21_01_1


手入れのしていない眉が男らしい、と思っている人は大問題だ。生えっぱなしや、眉がつながっているという人は急いでケアをしよう。その時に注意しなければいけないのが、慣れない眉ケアで肌を傷つけてしまわないこと。眉は顔の中でも目立つパーツなので、怪我をしないためにも専用のシェーバーを利用することが大切だ。
整えるときのポイントは、男性の場合は眉頭と眉尻の高さを平行にすることと、細くしすぎないということだ。髭と同じように毎日のケアだと思い鏡に向かう習慣を付けることで、整った眉を維持しよう。

フェイスシェーバー MF21(テスコム)


■油断しないで! その体毛は男らしさじゃなくてズボラの象徴
2040


最後に気を付けるのが腕や手の体毛だ。夏ほどは目立たないが、ふとした瞬間に見える部分にまで気を使うのがモテへの第一歩。女性がよく見ているのが手の甲や指の毛なので、ボディシェーバーで処理しよう。
シェービング用のヘッドと、グルーミング用のヘッドの2種類がついているものが多いので、指や手の甲はシェービングですっきりとさせ、腕や足などはすべて剃らず毛の長さを整えられる。一台で体中の処理ができるため、初心者でも思い通りのケアができる。

ボディグルーマープロ TT2040(フィリップス)


女性は化粧をしたり、ダイエットをすることで自分に自信をつけることができる。同じように、男性も自分の見た目に気を配ることが当たり前になってきた。クリスマスまではまだ時間がある! まずは自信を持つことが暖かい冬を迎えられる近道だ。