発表以来、話題の尽きないiPhone4Sがついに発売だ。今回、日本では従来のソフトバンクモバイル以外にKDDIからも発売されるということや、発表直後の前アップルCEOスティーブ・ジョブズの訃報もあり、普段よりも注目が集まっている。
予約初日の全世界での台数が100万台を超え、日本国内でも発売を心待ちにしていた人は多いだろう。店頭では恒例の徹夜で並ぶ人も続出していた。

発売についてだが、auよりもソフトバンクの方が優勢ではないかとみられている。すでにソフトバンクを利用しているiPhoneユーザーがiPhone4Sに乗り換えるケースが多いということだが、auについてはしばらく様子見というところだろうか。

KDDIはiPhoneに関する質問についてホームページ上で回答している。そこで「auのEメール(XXX@ezweb.ne.jp)」「SMS(Cメール)」「絵文字」などの従来メールの機能はすべて利用でき、緊急地震速報にも対応しているなどと従来の機能が引き続き利用可能であることをアピールしている。さらにauの「iPhone 4S」購入したユーザを対象に、2012年3月末までの期間、Wi2の公衆無線LANサービスを利用できるキャンペーンなども発表し、ユーザーの獲得に力を入れている。

初動はソフトバンクの方が優勢なようだが、この後auが台数を増やしてくるのか・・・発売後もiPhone4Sから目が離せない。


iPhoneよくあるお問い合わせ(au)

■関連記事
iPhone4Sに予約殺到! 初日で100万台突破し、一カ月待ちも