c20110526_tgs_01_cs1w1_300x


9月15日から開催されていた「東京ゲームショウ2011」が昨日閉幕した。4日間で過去最高となる約22万2600人が来場した。
これまでの最高は2010年の約20万7600人だったため、2万人近い上乗せとなる。この集客は新型携帯ゲーム機「PlayStation Vita」が注目を集め、記録更新に貢献したとみられる。

来場者数は、17日が最高記録の約8万6200人で、翌18日も約8万3700人だった。30分繰り上げの午前9時半に開場したが、「PS Vita」の体験コーナーなど人気ブースは入場制限も行われた。
そのほか、人気だったのはカプコンブース。「モンスターハンター3(トライ)G」も用意した1200枚の整理券はなんと1時間でなくなった。

ゲーム人気が改めて浮き彫りになったといえるだろう。来年は9月20~23日、幕張メッセで開催されるということだ。

ゲームショウ11:過去最高の22万2600人が来場 PS Vita人気で2万人増(毎日新聞)

■関連記事
PS Vitaをいち早く体験するチャンス! 「東京ゲームショウ2011」開幕中