日用品大手のエステーがボタン一つで放射線量を測れる家庭用の放射線測定器「エアカウンター」を10月20日に発売すると発表した。大手からの発売は放射線への不安がより一般に広まっていることがわかる。
エステーは消臭芳香剤が主力商品だが、良い空気を求める家庭のニーズに応えるかたちになったのだという。

今回、エステーが発表するガイガーカウンターは、約1メートル離れて地面や建物などに向けてボタンを押すことで、毎時0・05~9・99マイクロ・シーベルトのガンマ線を測定できるという。測定には数分~10分かかる。大きさは手乗りサイズで、重さは約105グラムとコンパクトだという。年内に5万台を生産する計画だ。

原発事故以来、品薄になっているガイガーカウンターだが、発売価格は1万5750円だということで、今まで欲しかった人も手軽に購入できるだろう。