SD-BMS104


昨年大ブレイクした三洋電機の「GOPAN」。家庭で簡単に米粉のパンが焼けると評判になった。ホームベーカリーの市場規模は、2005年以降伸び続けている。さらに、ホームベーカリーで作るパンのおいしさやバリエーションに対するニーズも高まっている。今年の夏は長くて厳しそうだが、秋になったら是非本格的なパンが作れるホームベーカリーを手に入れたい。
パナソニックは新加熱構造を採用し、新たに「パン・ド・ミ コース」を搭載したホームベーカリー「SD-BMS104」を9月20日より発売する。

■家庭でパン屋さんの味!高級パン「パン・ド・ミ」が焼ける
「パン・ド・ミ」とは、美味しい手作りパン屋さんでよく見かける皮がパリッとして、中はソフトな食感の山型食パン。家で焼くのはかなり難しそうだ。本製品は遠赤フッ素パンケース・熱反射ミラーを搭載した新加熱構造を採用。新搭載の「パン・ド・ミ コース」では、高い熱効率でパン全体にバランスの取れた焼き上げをスピーディに行うことで、家でも簡単に皮を薄くパリッと仕上げることができる。

■ ごはんパンからスイーツまで豊富なバリエーション
小麦粉に冷やごはんを配合してつくる「ごはんパン」の専用コースを新搭載。ごはんと小麦粉をしっかり混ぜるねり工程を採用し、通常の「食パン コース」では150gまでしか入れられなかった冷やごはんを、最大200gまで配合可能に。また、パン羽根の回転をゆっくりにし、具をざっくりと混ぜる粗混ぜ機能ため、ベーコンやチーズなどの柔らかい具も形を残したまま焼きあげることができ、惣菜パンや菓子パン等のアレンジも自由自在だ。

■スペック
品番 SD-BMS104
消費電力(50Hz/60Hz) ヒーター:370W・モーター:80W/75W 
寸法(約):幅×奥行×高さ 24.1×30.4×34.5cm 
質量(約) 6.2kg 

パナソニック ホームベーカリー ホームページ


(牧田 亜紀子)