toshiba_01


悪天候が続き、今日も洗濯物は部屋干し。ふと窓ガラスを見ると結露がびっしり…。カビ防止のため躍起になって拭き掃除に追われる日々とおさらばするための近道は、除湿乾燥機の購入だ。

除湿乾燥機が湿気を取る方法は、コンプレッサー方式とデシカント方式の2タイプがある。コンプレッサー方式は空気を冷やすエアコンの除湿方法と同じ、デシカント方式はフロンガスを使わずに除湿する方法だ。デシカント方式の除湿乾燥機は、低温時でも除湿力を発揮でき、内部コンプレッサーを使わないため軽量で運転音が静かなのが特長。

東芝ホームテクノは、同社初のデシカント方式の除湿乾燥機RAD-DN70を4月1日より発売する。価格はオープン価格、店頭予想価格は25,000円前後。

■冬場に強いデシカント方式の除湿乾燥機

ロンガスを使わずに除湿するデシカント方式の除湿乾燥機のRAD-DN70は、室温が低い場合でも除湿力を発揮。空気乾燥をヒーターで行うため室温が上昇するため、冬場には暖房機器として使用したり、肌寒い時春先などにはほどよい室温を保ったりすることができる。

循環用のコンプレッサーが内蔵されておらず、フロンガスによる冷却がないため、振動音が気にならない設計。運転音は約29dBだ。

■部屋干しした時の湿気対策 「もうい~快(もういーかい)衣類乾燥」

「乾きごろセンサー」がお部屋の湿度と温度から乾燥時間を予測し、乾いたころに自動停止。「衣類乾燥/自動停止/強風量」で運転した場合、約8時間、出勤前にセットしておけば、帰宅した頃には乾燥が終了する。

吹き出し口は、角度の切り替えが可能な「オートルーバー」が搭載されており、「広角吹き出し」100度、「上方向吹き出し」45度、「下吹き出し」20度の3段階から選択する。乾燥させたい衣類や靴などによってルーバーの向きを変えると効率よく乾燥できる。

■スペック
運転モード:衣類乾燥/除湿
オートスイング:3段階
本体寸法:幅340mm×奥行き190mm×高さ495mm
質 量:約6.8kg
除湿能力(1日あたり):約7.0L
除湿可能面積の目安
木造:9畳(15㎡)
コンクリート:18畳(30㎡)
運転音
衣類乾燥:約51dB
標準:約41dB
静音:約29dB
消費電力:570W
使用可能室温:約1℃~約40℃
切タイマー:2、4、8時間

(山岸香織:やまぎし)