CX5_00


RICHOコンパクトデジタルカメラCXシリーズから新作CX5が発売されます。
従来モデルCX4から、「高速オートフォーカス」「超解像ズームレンズ搭載」「シーンモードの追加」を新機能として追加搭載。2011年2月10日発売予定です。価格はオープン価格、店頭予想価格は45,000円前後。

■0.2秒のハイブリッド高速オートフォーカス
CX5_01


最大の特長は焦点が合うまでに0.2秒と高速になっている点です。従来のCX4の約半分のスピードです。

通常のコンパクトデジタルカメラに搭載されているコントラストAF方式に加え、パッシブAF方式を搭載。コントラストAF方式は暗い場所でもピント合わが可能ですが、距離検出が苦手です。これに対してパッシブAF方式はその逆で、遠距離までピントが合いますが、コントラストのない場所では撮影が難しくなっています。CX5はパッシブAFがコントラストAFをサポートしており、高速AFが可能です。


■超解像ズームで拡大画像が劣化しない
10.7倍光学ズームにSRズームを搭載したことにより、望遠端が35mm判換算で600mmまで可能に。光学ズームの望遠端は35mm判換算で300mmまでだったので、約2倍になっています。

ズームで撮影しても超解像機能が付いており、望遠撮影時の画質の劣化対策をしています。<OFF><弱><強>で調節可能。


■「打ち上げ花火」「ゴルフ連写」「料理」のシーンモードを追加
従来のシーンモード「夜景マルチショット」に新しく3モードが追加されました。

打ち上げ花火モード:2秒/4秒/8秒の長時間シャッタースピードが選択可能。黒の色調補正もできるので、打ち上げ花火の鮮やかさをひきたてることができます。
ゴルフ連写:約2秒間で26枚の連写。スイングの軌道が追いやすいようにシャッタースピードがあえて遅く設定されています。
料理モード:被写体を確認しながらホワイトバランスと露出補正を同時に調整できます。

■スペック
RICHO CX5
撮影素子:1/2.3型 裏面照射型CMOS
画素数:1000万画素
光学ズーム:35mm判換算28~300mm、F値3.5(W)~F5.6(T)
撮影距離:通常撮影 約30m~∞(広角)、約150m~∞(望遠)/マクロ撮影 約1cm~∞(広角)、約27cm~∞(望遠)、約1cm~∞(ズームマクロ)
ISO感度:AUTO、ISO 100/200/400/800/1600/3200
シャッタースピード:静止画 8、4、2、1~1/2000秒、動画 1/30秒~1/2000秒
連続撮影枚数:約5コマ/秒
本体サイズ:幅101.5mm 奥行29.4mm 高さ58.6mm
重量 約197g(付属電池・SDカード含)

RICHO CX5
http://www.ricoh.co.jp/dc/cx/cx5/


RICOH ハイブリッドAFシステム搭載 光学10.7倍ズーム CX5 ブラック CX5BK
RICOH ハイブリッドAFシステム搭載 光学10.7倍ズーム CX5 ブラック CX5BK
クチコミを見る

 


(山岸香織:やまぎし